炭水化物抜きダイエットは便秘になる?

近年の巷では炭水化物抜きダイエットが流行していますが、極端に炭水化物抜きを実践しまうと、便秘になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

炭水化物は糖質と食物繊維に分かれており、食物繊維は米・パン・パスタ・麺類に多く含まれているので、炭水化物抜きを行うと腸内の動きが悪くなってしまいます。

毎日決まった時間に排便がある方が便秘状態になるとストレスにつながる事もあり、適量の主食を摂取して便秘を予防する事がダイエット中も大切です。

主食で摂取する食物繊維の量を減らさない方法としては、米の場合は白米100%にするのではなくて食物繊維含有量の多い大麦にするのがおすすめです。

大麦(押麦やもち麦)は100gで10g前後の食物繊維含有量を誇っており、米と大麦を混ぜて炊く麦飯にする場合は1:1や2:1といった比率にすると、不足する事無く毎日の食生活を送る事が出来ます。

主食で食べる事に飽きてきている際には、野菜スープ・茹で麦にするのも良く、毎食に大麦を取り入れる事によって、ダイエット中であっても食物繊維目標摂取量の18~20gを保てるでしょう。

外食で主食を考える場合は、糖質低めで食物繊維が豊富な雑穀米・そばにしておくのもおすすめです。

100

炭水化物抜きダイエットは夜やる

炭水化物抜きダイエットは、おなかがいっぱいになるという幸福感がなくなることから、なかなか続けられないというダイエット方法です。

毎食炭水化物を抜きにするのは難しいですが、夜だけならできるのではないでしょうか。夜は基本的に寝るだけなので大量に食べる必要がありませんし、アルコールなどで済ませてしまう方も多いはずです。

おつまみやおかずだけ食べて食物繊維やたんぱく質を多めにとれば、栄養の面でも量の面でも満足できるはずです。ご飯や麺類、パンなどは朝か昼に好きなだけ食べられると思えば、夜だけ我慢することもできるようになります。

トレーニングや有酸素運動も生活に取り入れて、夜は炭水化物を抜き、野菜やおかずはどれだけ食べてもOKにします。糖質も全くダメというのではなく、少なくすることで体に負担をかけずに体に必須な栄養素をきちんと摂ることができます。

炭水化物を取らないことで脂質が代謝されます。肉、ささみ、豆腐などヘルシーな食材が並ぶことになり、焼き魚やから揚げも食べられるので不満がたまりません。

糖質制限をすることで摂取するカロリーを意識することにもなります。無理するダイエットではなく、無理をしないダイエットで自分のペースでできるところも人気の理由です。

101

炭水化物抜きダイエット中の主食

炭水化物抜きダイエットをしている時は、主食は鶏のささみなど、タンパク質を多く含む食べ物がおすすめです。普段白米やパンを主食としている人は、炭水化物抜きダイエットをするだけでカロリー摂取量が抑えられて体重が減りやすくなります。

しかし全く食べなければ体を動かすエネルギーが不足してしまうため、筋肉を作るタンパク質を多めに摂取することが大切です。チーズにも動物性タンパク質が含まれていますが、脂質も多いため、炭水化物抜きダイエットの効果が薄れてしまいます。

ささみ肉はパサパサしがちですが、フォークで表面を何箇所か刺すと味が染み込みやすくなります。また薄切りにする方法もあります。焼いて食べる場合は、表面をこんがりと焼くことで中にジューシーな肉汁を閉じ込めることができます。

毎日ささみ肉を食べると飽きてしまう人もいますが、卵も主食として優秀です。卵にはアミノ酸のバランスが良く、アミノ酸スコアは100です。中でもメチオニンという必須アミノ酸は、体に溜まった老廃物や毒素を除去してくれます。

アミノ酸をたくさん摂取できることは、コラーゲンの原料を十分に補給できるということなので、肌がもちもちになってダイエット中の肌荒れを防ぐこともできます。

102

運動なしでも減量できる?

脂肪が溜まる原因は糖質の摂取によるものなので、炭水化物抜きダイエットには一定の減量効果が期待できますが、適度な運動を取り入れた方がより効果を高めることができます。

炭水化物抜きダイエットを行うと、蓄えられている脂質やタンパク質を分解してエネルギーを作り出すようになります。しかしこの状態が長く続くとやがて底をつき、筋肉を分解し始めます。すると代謝が悪化したり、痩せにくい体質になるなど、ダイエットに悪い影響を与える恐れが出てくるのです。

安全に減量を成功させるためにも、過剰な炭水化物制限は控えることをおすすめします。そして軽いウォーキングでもいいので、有酸素運動を取り入れた方が効果的です。最初は20~30分程度から始め、体が慣れてきたら徐々に歩く時間を増やしましょう。

適度な有酸素運動は代謝を促進させ、カロリーを消費させて健康的に減量させることができます。一切運動をしないと決めて炭水化物抜きダイエットを行ってしまうと、タンパク質が不足して抜け毛や肌荒れなどの症状が現れるリスクがあります。

最初は運動をしなくてもいいですが、ある程度減量効果が見られ始めた時期から徐々に体を動かしていきましょう。

それがリバウンドをせずに減量させるための重要なポイントです。

103

おすすめサイトを紹介!

このようにして、炭水化物抜きダイエットには色々と考えておくべきことが多いということがわかります。

ダイエットを課題としてい人の多さからも、悩みは尽きないものです。ところで、太りたいと思っている人も実はけっこうたくさんいます。

太りたい人向けの知識はこちらのサイトでチェックです。